INTERVIEW

ARISA SATO佐藤 ありさ

PROFILE

留学した国・期間:

オーストラリア3ヶ月・アメリカ3週間

趣 味:

お酒を飲むこと・旅をすること

経 歴:

1991年生まれ。福祉の専門学校を卒業し、介護福祉士として就職。300名在籍する社員の内2名に選抜され、法人を代表しスウェーデンへ福祉研修へ。そこで英語を喋ることができなかった悔しさを糧に、25歳で約5年間働いた介護の現場を離れることを決意。ワーキングホリデーでオーストラリア、短期留学でアメリカ、後にカンボジアにて介護大学の設立・運営に携わる。2018年9月、リアブロードに入社。新規事業開発グループとして会社を牽引する。

Q1リアブロードに入社したきっかけ・決め手を教えてください。

カンボジアで従事していた介護大学の立ち上げは、多くのカンボジア人にとって日本で働けるチャンスを今まで以上に広げることのできる、画期的な事業でした。カンボジアの首都プノンペンから車で2時間行った田舎の高校に学生募集に行った時、教室に入り切れないくらいの多くの高校生がキラキラした眼差しで一生懸命話を聞いてくれるんです。『日本へ行く』、それは彼らにとって夢の夢のそのまた夢くらい、身近なものではありませんでした。そんな時に強く思ったのは、どのような形であれ『日本と世界を繋ぐ架け橋になりたい』ということ。そこから自分の想いを辿って、自分の人生を変えた"留学"に行きたいと思っている人々の背中を押すことのできる、留学エージェントでの就職を決めました。

リアブロードの代表、神田さんとはカンボジアからのSkype面接でした。仕事に対する姿勢とか、自分自身の在り方などに対して、すごく叱責されたのを覚えています。「これはきっと不採用だな…」と思いながらも、神田さんのお言葉一つ一つや、インサイドアウトの教えは確実に私の今後の指標になるものだったので、長文で面談の御礼のメールを送りました。その後「仲間として受け入れたい」というお返事を頂き、とても嬉しかったことを覚えています。その時に私は、神田さんのような社長の元で働き、神田さんや自分の想いをリアブロードで実現したいと感じました。

Q2リアブロードでの現在の仕事内容を教えてください。

私の所属する新規事業開発グループは、語学学校との新規提携、価格交渉、新規プログラムの開発、新規取引先の開拓、法人営業、契約書管理、原価管理、品質管理、営業資料作成など幅広い業務を行っていますが、簡単に言うと『取引先との窓口』になります。語学学校の担当者さんと遠隔で打ち合わせをしたり、新規で語学学校を開拓したり。0から1を作ることのできる部署なので、新しい留学プランの立案にも携わっています。

Q3自分が担当する仕事の魅力や楽しさ、やりがいを感じる瞬間を教えてください。

日常的に英語を使用して取引先とやり取りをするという点でとてもやりがいがあります。3年前の自分には到底できなかった仕事内容なので、人はいくらでも変われたり成長できたりするんだなぁと実感する日々です。それもこのリアブロードという会社が気付かせてくれたことでした。
あとは、海外の語学学校の担当者様と繋がりを作ることができた時。現地にいる担当者様、宿泊先を手配してくださる会社様、サポートをしてくださるデスクの方、皆様の支えがあってこその「スマ留」です。現地の担当者様によっては毎週スマ留のお客様の写真をお送りしてくれたりして…。その心遣いも嬉しいですし、お客様の笑顔が見れるのも『この仕事をやってて良かった!』と思える瞬間です。
そして、自分次第で会社に多大な影響をもたらすことができるのも、この部署の魅力。それだけ責任のある部署なので、毎日気を緩めることはできませんが、リアブロードの心を実現させる為に必要な事業を遂行する部署として、カウンセラーを初め全部署の縁の下の力持ちでいたい!と日々思っています。

Q4リアブロードの魅力はなんですか?

とにかく社員が皆素直で、笑顔が溢れている会社。社員ほぼ皆海外経験者なので、真面目で堅い社風では決してなく、みんな明るくフラットでとにかく仲良し。『意見を持たぬもの会議に出るべからず』と言っても過言ではない程、どんなに新人でもベテランでも、自分の意見を発信できる場が必ずあります。自分がこうしたい、ああしたらいいと思う、という意見が当たり前に言えて、議論し合える環境ってとても貴重ですよね。リアブロードの魅力は『会社の一社員として歯車になる』ではなく『一人一人が主役になれる』ところだと日々感じます。また、スピード感を持って仕事ができるのも魅力的。物事が進んでいく速度がとても速いので、その分達成感を味わえたり自分自身の成長のスピードも上がります。

Q5好きな「リアブロードの頭ん中」と、働く上で大切にしていることを教えてください。

『正解は自分でつくる』
ゼロから何かを生み出すことのできるこの環境はとても素晴らしいと思っています。答えは誰かが持っているものではなく、自分で造り出すもの。固定概念を取り払い、柔軟性を持って、今までになかったようなサービスを作り上げる、そういう想いを持っていつも四角い頭を丸くしようと心がけています。『自分で考える』、ということは本当に大切なことだと思っているので、めげずにいつもクリエイティブな思考を持つようにしています。

Q6今後挑戦したいこと・目標・キャリアビジョンなどを教えてください。

今後は更に会社にインパクトを与えられる人になりたいです。率先して新規事業の提案をしたり、『与えられた仕事』をこなすだけではなく自ら何かを生み出せる人になりたい。そして『一億総留学社会』の実現を目指し、沢山の方に留学へ行っていただき、沢山のお客様に人生を変えるような体験をして頂きたい。そしていつかは、日本から海外に行く人だけではなく、カンボジアの時みたいに海外から日本へ来る人にも関わることができたらいいですね。そして、当初の目標だった『日本と世界を繋ぐ架け橋』を目指したいです!

OTHER INTERVIEW