NEWS

  • INTERVIEW 2019.10.17

    スマ留で留学した”お客様”が、留学カウンセラーに憧れてリアブロードに入社した話。【Part3】

    スマ留で留学した”お客様”が、留学カウンセラーに憧れてリアブロードに入社した話。【Part3】

    海外留学サービス「スマ留」を運営するリアブロード。
    大変嬉しいことに、当社ホームページから代表取締役社長の神田へ自己PR文を直接送ることができるエントリー方法 BRAVE ENTRYより、日々多数の採用応募をいただいています。そして、採用応募者様の多くがなんと「スマ留を利用して留学を経験したお客様」なんです!
    そこで今回は、スマ留を利用したお客様でもあり、留学カウンセラ-に憧れてリアブロードに入社をしたメンバーにインタビューをしました。

    プロフィール
    寺山 琴(てらやま こと)
    1998年生まれ。明治学院大学文学部英文学科卒業予定のリアブロード新卒2期生。大学2年生の時に、スマ留を利用して1年間ほどマルタへ留学した「お客様」でもある。現在は、内定者インターンとして活躍中。

    -寺山さんはスマ留の「お客様」であり、サービスを受けた側だったんですよね。リアブロードにエントリーしたキッカケを教えてください。

    私がスマ留で留学した際に担当して下さった殿垣内さんに憧れたのがきっかけです。1人での海外は初めてで、不安だった私にとっても親身になってくれて、どこまでも話を聞いてくれて。全部丁寧に解決してくれて、殿垣内さんみたいにお客様に寄り添える社会人になりたいと思いました。そして、「従来より低価格で留学を提供し、日本中の全ての人達に海外留学・異文化交流を経験してほしい」というスマ留の想いと、「私が経験したように、1人でも多くの人に海外での異文化体験を通して価値観を見直す機会を作るお手伝いがしたい」という私の想いが合致し、リアブロードであれば私の夢が実現できると思いました。

    -選考が進む中で、最終的にリアブロードへ入社した決め手を教えてください。

    自分がやりたいことができると確信したからです。どの社員さんもみんなが「自分の意見が通りやすい会社だ」と言っていて、いわゆる大企業の歯車になるのではなく、自分の力・意見や努力次第で会社を大きくし盛り上げていくことを実感できて、働く意味・自分が会社にいる意味をより感じながら仕事ができると思いました。また、神田さんとの面接でこれからのリアブロードについて話を聞いた時に、圧倒されたんです。どの会社よりも、新鮮さやパワー、それを実現するための戦略が明確で、勢いや情熱・やる気に満ち溢れていることを感じました。他社では社長の想いをこんなに早い段階で伝えてくれることはなかったけれど、リアブロードでは面接の段階で私にしっかりとそれを伝えてくれて、私も一員になって一緒に会社を盛り上げたいと思ったんです。

    -お客様としてスマ留を利用した際に、印象に残っていることはありますか?

    簡潔に言うと、「親身に」「一緒に」「一つ一つ丁寧に」なってくれました。私の不安を全て取り除いて優しく包み込んでくれるようなカウンセリングで、とても親身になって一緒に考えてくれたのを覚えています。最初は留学先を悩んでいたのですが、カウンセリングを受けた後は「マルタに行きたい!ここしかない!」と感じていました。殿垣内さんが「大丈夫だよ」というだけで絶対大丈夫だと思えるくらいの安心感があったんです。私はとても心配性で、石橋を叩かないと歩けないような性格で、航空券や携帯など不安なことを何度も何度も電話やメールで聞いてしまったのですが、そんな私の性格をすぐに察してくれたかのように、毎回優しく全て一つ一つ丁寧に解決してくれて、渡航前や渡航中のサポートも完璧でした。

    -実際に入社をしてみてのリアブロードの魅力を教えてください。

    良い意味で上下関係がフラットで、自由でアットホームな会社だと感じます。一人一人の距離感が近く、最初にオフィスを覗いた時、「みんなで一緒に仕事をしているんだ」と感じました。独り独りパソコンに向かって作業をしているというよりかは、同じ空間でみんなで相談し、意見を出し合いながら和気あいあいと仕事をしている感じ。インターンの私にも、「どんどん意見があったら言ってね」と前向きに聞きだそうとしてくれて、一人一人が活躍のできる会社だと改めて実感しました。

    -新卒入社前の内定者インターンについて教えてください。

    予想以上に早い段階で現場に出させてもらえる嬉しさと同時に、予想を遥かに超えた営業の難しさを感じています。でも、早い段階で仕事が覚えられたり、社会人としてのあり方や責任・実感を早く掴むことができるので、来年からきっちりスタートが出来るし、努力次第でまた一段階上の仕事ができると思うとワクワクします!社内や上司の雰囲気も知ることができるので、不安なくスタートができますね。また、大学と両立しながら柔軟に働けるところも嬉しいです。

    -今後の目標を教えてください!

    まずは、留学カウンセラーとして実際に現場の声を沢山聞いて、そのニーズを基にして、多くのお客様に留学の魅力を伝えていきたいです。具体的には、私の通っている大学は英語に特化していて、留学に行きたい人が沢山いたのですが、枠が少なかったんです。そのようなニーズのある場所で講演を行ったり、あとは時代に乗り遅れずに留学の言語を増やしたり。会社のできることを直接大きくすることに早く関わりたいですし、最終的には沢山のお客様に、自分と同じように異文化体験をして感動を味わってほしい。また、価値観の違いを実感し多様性を持ち受入れ合える社会を作っていきたいという想いから、あの頃の自分と同じように、留学をしたいけど不安があったり金銭面で迷っている沢山の人に、「スマ留」を知ってもらいたいです。