NEWS

  • INTERVIEW 2019.7.5

    プロダンサーとしてヨーロッパを行脚したトリリンガルが、リアブロードで働く意義。【社員紹介vol.1】

    プロダンサーとしてヨーロッパを行脚したトリリンガルが、リアブロードで働く意義。【社員紹介vol.1】

    プロフィール
    鈴木 遥(すずき はるか)

    1995年9月生まれ。ダンスと海外に触れる機会が多い環境に育ち、高校からベルギーのバレエ学校に入学。ヨーロッパでプロダンサーとして活躍した経験も。2018年5月に日本へ帰国し、留学カウンセラーとしてリアブロードへ入社。現在は、新規事業開発や内定者研修、大学への営業など幅広く担当。

    -リアブロードに入社するまではどんなことをされてたんですか?

    とにかく、ずっと踊っていました!私の人生のほとんどが「ダンス」と「海外」です。親がスタジオを経営していることもあり、幼少期からバレエを習っていて。高校生の時にベルギー王立のバレエ学校に入学し、それが長期では初めての海外。並行して英語とフランス語の語学学校にも通っていたので、9:00~21:00まで毎日勉強していました。
    卒業後は1年半ほど帰国し、親が経営しているスタジオと劇団でバレエを教えながら、ハンモックヨガのインストラクター、経理、マクドナルド、餃子屋さん、Webコンテンツ制作、ワインバー… 色んな職種のアルバイトを経験。当時は平均4時間睡眠ほどで、働きアリのような生活でした…(笑)
    その後、プロのバレリーナとしての仕事をオーディションで獲得し、再び海外へ。2年間ほどのヨーロッパ生活がスタートします。

    -ヨーロッパでは、どんな生活をされていたんですか?

    イギリスやイタリアでも踊りの仕事をしていたのですが、一番印象的なのはドイツのクルーズ客船でのダンサー。タイタニックのような豪華客船に8ヶ月間泊まりこみ、船の中にある舞台で毎日踊っていました。クルーが1000人以上いる中でアジア人は私1人だけだったので、英語力も1番伸びましたし、とにかく毎日が刺激的で本当に楽しかったです。

    -リアブロードにはどんな経緯で入社したのですか?

    2018年の4月に、姉の結婚式で日本に帰国したんです。当時、海外で引き続き仕事をするのか、しばらく日本に滞在するのかまだ決めていなくて。正直な話、「やることないしとりあえず仕事しようかな~」くらいの温度感で、”留学 仕事”でインターネット検索。リアブロードを見つけてエントリーしました。神田社長との面接で悔し泣きしたことは、今となっては良い思い出です。(笑) そして、2018年5月に入社。そんなこんなで想像以上にリアブロードでの仕事が楽しくて、気づけば1年以上が経過していました。

    -リアブロードではどんなお仕事をしているのですか?

    最初の配属は大阪サロンで、留学カウンセラーとして日々お客様のカウンセリングをしていました。入社半年後に新宿本社へ異動し、今に至ります。現在は留学カウンセラー・留学プランナーの業務と並行し、新規事業の開発、新卒内定者の研修、ミスコン スマ留賞受賞者の対応、大学への営業など、さまざまな業務を担当しています。

    -仕事をしていく中でのやりがいや楽しさ、魅力を教えてください。

    自分の経験を活かして、留学を希望するお客様と直接お話しができ、お役に立てることですね。私自身が「スマ留」のサービスを心から魅力的で画期的だと感じているので、自信を持って売ることができる。「本当に人の人生を変えてるな」と実感します。
    また、帰国したお客様からいただくアンケートでのお声も本当に嬉しくて。留学をリピートしてくださる方もいたり。「鈴木さんのおかげで最高の留学になりました!」というお言葉が、最高に嬉しくて幸せです。

    -リアブロードの魅力を教えてください。

    1人ひとりを尊重してくれて、個性を活かした仕事ができるところですね。チャレンジしたいと思えば思うほど、色んなことにチャレンジさせてもらえる。素直で向上心のあるメンバーばかりなので、毎日お互いを高め合うことができます。また、経営陣とめちゃくちゃ近い距離感で仕事ができるところも魅力ですね。神田さん(社長)・添野さん(取締役CFO)とも毎日必ずコミュニケーションとれますし、新規事業に携わっていることもあり、MTGの機会も毎日のようにあります。経営陣がどんなことを考えているのか、会社がどんな動きをしようとしているのか。普通の会社ではなかなか経験できない距離感で「見て・知って・学ぶこと」ができます。

    -鈴木さんは2018年上半期成約率コンテストで1位に輝き、フィリピンへ海外研修へ行ったんですよね。

    そうなんです。自分のご案内にとにかく自信を持つように心がけていて、逆に言うと自信を持ってご案内ができるように、誰よりも勉強することを徹底していました。成約率や成約単価も自分自身で毎日必ず計算したり。そんな日々の努力があったので、きちんと結果として残せたことが本当に嬉しかった。海外研修はとても充実していて、「スマ留」が提携している語学学校に1日7校ほど訪問をしました。海外研修後は今まで以上にお客様のニーズに合わせたご案内ができるようになり、フィリピンの成約率はほぼ100%になりました。

    -今後の目標やキャリアプランはありますか?

    21才の頃から「バレエ留学」の会社を立ち上げたいと決めています。そのために、今もリアブロードと並行して自分が所属していた劇団や親のスタジオで振り付けの仕事をしたり、海外のバレエの先生と繋がりを作ったりしていて。自分の頭の中ではもうほとんど出来上がってるんです。自宅のスタジオでワークショップを開いたり、自分自身の経験と知識を活かしてVISA取得や渡航のサポートもしたいなとか。留学だけでなく、衣装のオーダーメイド事業とスタジオレンタル事業も含めた3事業展開の構想です!実は、既にHPも完成させてるんですよ。とにかく、海外とはずっと繋がっていきたいですね。

    -リアブロードの基本的価値観の中で、特に共感するのはどれですか?

    「どうせやるなら、”歴史に名を刻もう!!”」です。これは昔からの自分のポリシーでもあり、小さい頃から「大物になりたい」とずっと思っていて。例えば、私の友達が友達に「鈴木遥っていうこんなにすごい人がいるんだよ!」と話題にあげて、自分のことがどんどん広まってほしい。「絶対大物になるから私のこと忘れないでね」って友達にずっと言ってきました(笑)。常に「普通とは違う」を求めて生き続けてきたし、実際にこの23年間「普通とは違う」人生を歩んできた自信があります。

    -最後に、渡航したことのある国を教えてください!

    イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、クロアチア、ベルギー、モンテネグロ、オランダ、モナコ、ルクセンブルク、マルタ、スロベニア、モロッコ、アメリカ、オーストラリア、フィリピン、シンガポール、韓国、トルコです。喋れる言語は英語・イタリア語・ドイツ語で、初心者レベルであればフランス語もお話しできます!

    -鈴木さん、ありがとうございました!

    ・・・

    株式会社リアブロードでは、
    新卒採用・中途採用で一緒に働く仲間を募集しています。
    採用情報・エントリーはこちら

    ・・・

    スマ留公式HP / スマ留公式Instagram / スマ留公式Twitter /スマ留公式Facebook