NEWS

  • INTERVIEW 2019.7.17

    「出産をして仕事への考え方が変わった」。ベンチャーで産休育休を経て、時短で活躍するママの本音に迫る!【社員紹介vol.3】

    「出産をして仕事への考え方が変わった」。ベンチャーで産休育休を経て、時短で活躍するママの本音に迫る!【社員紹介vol.3】

    プロフィール
    中村 晴南(なかむら はるな)

    大学時代に1年間の中国留学を経験し、新卒で通信業界に営業職で就職。2017年4月、留学カウンセラーとしてリアブロードに入社。産休・育休後、英語事務グループに復帰し活躍する1児のママ。

    -リアブロードに入社する前はどんなことをしていたんですか?

    大学時代は、1年間中国の上海に留学をしていました。留学生ばかりの学生寮に滞在していたのですが、隣のお部屋はもちろん外国人の方で、キッチンも共有で、色んな国籍の方と交流が出来てとても楽しかった記憶があります。卒業後は、新卒で通信業界の営業部に入社をしましたが、自分自身の留学経験を活かして海外に関わる仕事をしたい想いがあり、3年目で転職を決意し、リアブロードに入社をしました。数ある会社の中でも、福利厚生のユニークさや年齢層の若さ、挑戦できそうな環境に魅力を感じたことが決め手でした。

    -中村さんが入社した当時と比べると、従業員もかなり増えましたよね。

    そうなんです。今は全体で50名ほどですが、私が入社をした約2年前の2017年4月頃は、まだ従業員が5名ほどでした!当時に比べてオフィスは何十倍も広くなりましたし、どんどん会社が大きくなってるんだなと感じます。また、入社当初は人数が少なかったので、誰がどんな業務をしているのかが当たり前に把握できてたんですよね。今は部署もきちんと確立されているので、改めて日々コミュニケーションの重要さを実感します。

    -中村さんは産休・育休を経験されましたが、出産前後で仕事への姿勢や考え方に変化はありましたか?

    すごく変わりました。出産する前は、「家族を第一に考えていかなければならない」とか、周りからも「3歳までは子供と一緒に」という声が多かったりとか。私自身、1歳で子供を保育園に入れることへの不安もありましたし、復職に対してネガティブな思いがなかったといえば嘘になります。でも、実際に出産をして”母親”になってから、「また仕事をしたい」という気持ちが強くなったと同時に、戻れる居場所があることへの有難みをとても感じました。また、リアブロードに既に産休・育休を取得していた同僚がいたので、相談に乗ってもらえたのもすごく心強かったです。

    -今は、時短勤務で働いているんですよね。

    そうなんです。もともと定時は10:00~19:00なのですが、私は家庭や子育てとの両立のためにも、8:30~16:30で働かせてもらっています。私から時短勤務について相談をしたのですが、柔軟な対応をしてもらえたことにとても感謝しています。

    -具体的に毎日どんなスケジュールで生活しているのか教えてください!

    子供が早起きなので、5:30に家族全員起床をして、そこから朝ごはんや出かける準備。自宅から職場が遠いので、7:00前には自宅を出て、8:30に出社。16:30に退社して、保育園に子供を迎えに行き、19:00に子供にご飯を食べさせて、20:00にお風呂に入れて… 1時間単位で動いてますね。夫も子育てに協力的なので、夫がお休みの日は少し残業をしたりだとか。出産してからも「仕事が楽しい」ことはずっと変わりないです。

    -中村さんはもともと留学カウンセラー、復帰後は英語事務に所属していますが、それぞれの魅力を教えてください。

    留学カウンセラーは、お客様が何を求めているのか生の声を聞くことができたり、とにかく直接お顔を見てコミュニケーションがとれるところです。「スマ留」の魅力があるのは前提として、サービスや人の良さも含めてご購入いただく商品だと思っていますし、会社の理念が特に反映される部署ですよね。
    英語事務は、ポジティブな意味でまだ何もできていない部署。「どうしたらみんなが仕事をやりやすいのか」を考えながら、自分達で一から作り上げていくことがすごく楽しいです。また、海外の語学学校や滞在先とのやりとりは英語がほとんどなので、日常的に仕事で英語を使える点も魅力ですね。

    -現在所属している英語事務チームの雰囲気はどうですか?

    すごく居心地が良いです。ほとんどのメンバーが家庭があって時短勤務で働いているので、お互い共感し合えたり、助け合えたり。とても安心感がありますね。それを1番実感するのは、子供が熱を出して急に仕事を休まなければいけなくなった時。子供がいない方にとっては、どうしても「休み多くない?」と感じてしまう可能性は有り得ると思うし、私自身、独身の時はそう思ってしまったことが正直ありました。でも、いざ出産したら「子供はこんなに熱が出ることが多くて、こんなに苦しそうにしてるんだ」「傍にいてあげたい」って心から思うんですよね…。だからこそ、そういう状況になった時にお互いフォローし合える。同じ境遇のメンバーが近くにいて良かったなと感じます。また、英語事務チームに限らずリアブロード全体に言えることですが、みんなが素直で、着飾ることなく日々働けることも魅力ですね。

    -リアブロードの基本的価値観の中で、特に共感するものはどれですか?

    入社当時は「どうせやるなら”誰かのため(世のため人のため)になる事業”を創造する」だったのですが、今は「どうせやるなら”仕事は楽しく””自分の幸せのため”に働く」への共感の方が強くなったかもしれません。やっぱり、自分自身が結婚して出産をした経験が、価値観や考え方にもすごく影響していると思っていて。プライベートがすごく幸せだからこそ、きっと仕事も楽しめているし、逆に仕事が楽しいと感じているからこそ、プライベートで寝る時間が少なかったり忙しくても、苦にならないんだと思うんです。会社の価値観にとても共感しているし、同時に私自身達成できている・追いつけていることが嬉しいですね。

    -中村さん、ありがとうございました!

    ・・・

    株式会社リアブロードでは、
    新卒採用・中途採用で一緒に働く仲間を募集しています。
    採用情報・エントリーはこち

    ・・・

    スマ留公式HP / スマ留公式Instagram / スマ留公式Twitter /スマ留公式Facebook